メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リオパラ

日本、史上初の金ゼロ 女子マラソン土田は4位

 【リオデジャネイロ岩壁峻】南米で初めて開催された第15回夏季パラリンピック・リオデジャネイロ大会は最終日の18日、日本勢が出場した最後の種目となった女子マラソン(車いす)で、2004年アテネ大会銀メダルの土田和歌子(41)=八千代工業=はトップと小差の4位となり、メダルを逃した。この結果、日本の総メダル獲得数は24個(銀10、銅14)となり、初参加した1964年東京大会以来、初めて金メダル数がゼロに終わった。

     18日午後8時(日本時間19日午前8時)からリオデジャネイロ市のマラカナン競技場で閉会式が行われ、12日間の祭典が幕を閉じる。式典には東京都の小池百合子知事が出席してパラリンピック旗が手渡され、2020年東京大会に引き継がれる。

     初めて実施された視覚障害者による女子マラソンで、道下美里(39)=三井住友海上=が2位でフィニッシュして、銀メダルに輝いた。男子も、前回ロンドン大会4位の岡村正広(46)=RUNWEB=が3位で銅メダル。車いすラグビーは3位決定戦で日本が52−50でカナダを降し、この競技で初めてのメダルとなる銅メダルを獲得した。

     第11日の17日は競泳男子200メートル個人メドレー(知的障害)で初出場の中島啓智(17)=千葉・中山学園高=が2分15秒46で銅メダルに輝いた。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 長崎県警 巡査4日間失踪 スマホ課金で悩み「親が怒る」
    2. BPO ニュース女子に「重大な放送倫理違反」意見書
    3. 調停 俳優の船越さんと松居さんが離婚
    4. SNS 性的画像「恋人なら共有」20代1割 注意喚起
    5. 特集ワイド 止まらぬ政治家の放言・暴言を考える 低くなった「差別のハードル」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]