メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文革50年の中国

第2部/9止 歳月を経て 過去の痛み忘れない 密航者の証言収集

都会に様変わりしたかつての下放先を歩く黄さん。歩哨の休憩所(右側の建物)がかろうじて残っていた

 「当時の面影はほとんどなくなってしまった」。香港と隣接する中国広東省深セン市の南山地区で黄東漢さん(69)がつぶやいた。文化大革命中、黄さんが下放された海辺の農村は現在、マンションや商業ビルが林立する都会に変わっていた。歩哨に立った海岸は埋め立てられて消えていた。ビルの谷間に取り残された古い民家が寒村だった痕跡をわずかに伝えていた。

 1976年の文革終結後、トウ小平が改革開放政策を打ち出し、香港との境界地帯に深セン市が設置され、8…

この記事は有料記事です。

残り1089文字(全文1307文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大前監督の内田氏、心労で入院へ
  2. 森友交渉記録 「安倍晋三小」14年認識 近畿財務局
  3. 講演会 元海軍兵 「国は若者を守らない」 反戦訴える
  4. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
  5. 森友交渉記録 理財局が廃棄指示 佐川氏ら処分へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]