メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄・サキタリ洞遺跡

世界最古、貝製の針出土 釣り師、旧石器人 2万3000年前

世界最古となる釣り針の完成品(左、2万3000年前)と、製作途中の未完成品(右、2万3000〜1万3000年前)。いずれも貝製=那覇市の沖縄県立博物館・美術館で、大森顕浩撮影

 沖縄県立博物館・美術館(那覇市)は19日、同県南城市のサキタリ洞(どう)遺跡で、世界最古となる2万3000年前の貝製の釣り針が出土した、と発表した。これまで国内で確認された釣り針は縄文時代以降のものしかなく旧石器時代は初。釣り針で取ったとみられる魚の骨も出土した。旧石器時代の水産資源利用の実態を示す初の資料で、当時の生業を考える上で極めて重要な発見となる。【大森顕浩】

 出土したのは、完成品1点(幅14ミリ、2万3000年前)と未完成品1点(幅16ミリ、2万3000〜…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もう耐えられない」 ゴーン容疑者捜査の端緒 外国人幹部の告白
  2. 日産、ゴーン前会長に損害賠償請求へ
  3. ゴーン前会長 クルーザー「社長号」も私的流用から?
  4. 「まれにみる異常な殺人運転」と懲役18年求刑 堺あおり運転
  5. 注目裁判・話題の会見 ゴーン事件追起訴 東京地検次席会見「反響は想定」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです