メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つなぐ

/20 「悩みを人に伝える」環境作りを 喪失感、自分だけではないと知る必要 /香川

認定NPO法人「グリーフワークかがわ」のパンフレット

 5日に香川県庁(高松市)で開催された「県自殺対策連絡協議会」。出席した行政や大学、社会福祉法人、認定NPO法人などの関係者約20人から、自殺対策の現状と課題について次々と報告があった。

 社会福祉法人「香川いのちの電話協会」の大須賀誠理事長は年間約1万件の電話相談を受け、そのうち約1割が自殺を訴える内容と説明。自殺予防の前線にいる思いで、電話相談員を養成していると話した。活動する上で資金確保などの問題も抱えていることを語った。

 言葉の意味が浸透していないことを課題とする団体もあった。認定NPO法人「グリーフワークかがわ」だ。

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文709文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  2. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪
  3. アジア大会 バスケ不祥事、4選手帰国 認定取り消し処分
  4. ORICON NEWS 『銀魂』9月15日発売の『週刊少年ジャンプ』で完結 作者の初連載作品15年の歴史に幕
  5. 辺野古移設 政府が遅延損害金請求検討 1日2000万円

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです