メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風

上陸 なぜ今年は多いのか 16号で6個目

日本に上陸した台風の経路

 台風16号は今年6個目の上陸となった。2004年の10個に次ぎ、1951年の観測開始から2位タイだ。1号の発生が7月3日と史上2番目に遅かったり、初めて東北地方から上陸したりするなど今年の台風は「異例ずくめ」。何が影響しているのか。

 専門家が指摘するのが、偏西風の蛇行に伴って発生する「ブロッキング高気圧」の影響だ。通常、台風は西から東に移動するが、今年は日本の東側にこの高気圧が停滞したため、行く手を遮られた台風が北上し、北海道や東北への上陸につながった。木本昌秀・東京大教授(気象学)…

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文613文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  2. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  3. いじめか 数人で男子生徒に暴行する動画をインスタに投稿 新潟青陵高校
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです