メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Jの興亡

(4)川崎 名物部長が仕掛けるエンタメ路線 街全体を盛り上げ

(上)スクリーンに映し出された国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の大西卓哉宇宙飛行士と川崎フロンターレの中村憲剛選手、(下)大西宇宙飛行士と交信する川崎市内の小学生ら=ともに川崎市の等々力陸上競技場で2016年8月16日、岡部恵里撮影

 バナナを売って、算数ドリルを作り、宇宙とも交信する−−。一見、サッカーとは無関係な取り組みで集客を図るチームがある。J1の川崎フロンターレだ。

 8月16日の夜、フロンターレのホームスタジアム「等々力陸上競技場」(川崎市中原区)には約3300人が集まった。この日の目当ては、選手ではなく宇宙飛行士。スクリーンに国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の大西卓哉飛行士が映し出されると、大きな歓声があがった。

 「宇宙人はいると思いますか?」。フロンターレの司令塔、中村憲剛選手が大西さんに尋ねると場内からは笑…

この記事は有料記事です。

残り2539文字(全文2791文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  2. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  3. アジア大会 時計壊れ、国旗落ち、名前誤り…トラブル続出
  4. トランプ政権 トランスジェンダー排除を検討…米紙報道
  5. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです