メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 東電農林業賠償素案 「事実上の打ち切り」懸念 /福島

県原子力損害対策協議会に農林業者への賠償の素案を説明する東電福島復興本社の石崎芳行代表(左から2人目)=県庁で

19年から個別に「因果関係立証困難」

 東京電力が21日に示した、福島第1原発事故で損害を被った農林業者への営業損害賠償の素案。国や東電は2017年1月から18年12月までの2年分を一括で支払うことで被災業者の自立を促したい考えだ。しかし、その後の賠償は、事故と損害とに「相当の因果関係」がある場合に個別で対応するとした。因果関係を立証するのは難しいとみられ、農協などの地元関係者の間では「2年分で終わるのでは」と事実上の賠償打ち切りにつながる懸念が広がっている。【土江洋範】

 東電が21日、県や市町村などでつくる県原子力損害対策協議会と、JAグループでつくる協議会に素案を説…

この記事は有料記事です。

残り1005文字(全文1292文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性遺体 新潟市内の20代女性か 知人男性所在不明に
  2. 十日町の殺人死体遺棄 女性の身元判明 死因は不詳 遺体損傷激しく /新潟
  3. 新潟女性遺体 不明前後に知人男性と通話 携帯に履歴
  4. 女性遺体 ダムに浮かぶ衣装ケースの中に 兵庫・加古川
  5. 2歳児保護 見つけた尾畠さん「ぼく、ここ」うれしかった

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです