メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外来種

東アジアのチョウ栃木県北に 生態系への影響懸念

栃木県大田原市で羽化したアカボシゴマダラ=ふれあいの丘自然観察館で

 中国など東アジアに分布するチョウで環境省が重点対策外来種に指定している「アカボシゴマダラ」の幼虫が先月末から、栃木県大田原市と那須塩原市で相次いで見つかった。生息域が県北へと拡大していることが確認され、生態系への影響が懸念されている。

 大田原市では先月26日、「ふれあいの丘自然観察館」(同市福原)周辺にアカボシゴマダラの幼虫2匹がいるのを刑部節館長が発見。同館で観察したところ、今月14日に1匹が羽化したという。

 羽化したアカボシゴマダラの体長は、羽を広げた状態で約10センチ。黒色の羽に白の斑点があり、赤いリン…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文539文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「おまえのせいでとれなかった。殺すぞ」 ポケGO中か 警察官殴った疑い、男逮捕
  2. 園児に「バカ」「ブタ」、押し入れに閉じ込め…保育園で暴言・体罰13件 福岡市が改善勧告
  3. 姫路市立中学 講師、ストーブで女子生徒を殴る /兵庫
  4. 授業中、不必要に名前を連呼など 一部教員のいじめも認定 高2自殺再調査報告書 山口・周南市
  5. 男性教諭 酔って家庭訪問 ばちで児童殴打 大阪・懲戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです