メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JAL

ドラえもんジェットお披露目 国際線に初就航

報道陣に公開されたドラえもんジェットの前で手を振る日航の植木社長(右から2人目)ら=東京都大田区の羽田空港で2016年9月21日午後2時49分、米田堅持撮影

 日本航空(JAL)は21日、人気漫画「ドラえもん」を描いた特別塗装機「JAL ドラえもんJET(ジェット)」を羽田空港(東京都大田区)の同社格納庫で報道陣らに公開した。

 特別塗装機はボーイング767−300(ビジネスクラス30席、エコノミークラス207席)で、機首部分にタケコプターをつけた縦4.6メートル、横5.9メートルのドラえもん、機体後部に縦4.8メートル、横12.7メートルにわたってスカイツリーなど日本の街並み、最後部のドアには縦2.7メートル、横1.6メートルのどこでもドアが描かれている。

 22日から2017年3月末まで成田から中国・上海などの日本と中国を結ぶ国際線を飛ぶ。ドラえもんを描いた特別塗装機は10年と12年にも就航しているが、いずれも国内線のみで、国際線での就航は初めて。中国でも幅広い年齢層に人気の高いドラえもんの特別塗装機を就航させることで、訪日客の取り込みを図る狙いがある。【米田堅持】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米軍機 タンク投棄、氷突き破る 200m先に漁船 青森
  2. 平昌冬季五輪 アイスホッケー合同チーム 南北に言葉の壁 「同宿」も実現しないまま
  3. 金の言葉 羽生結弦 平昌五輪2018/1 いろんなものを犠牲に頑張ったご褒美 連覇の誇り、かみしめ
  4. 米乱射 銃規制求める地元高校生 政治の無策に怒る
  5. 米乱射 生徒「何かするなら彼だ」 学校に通報も対応なく

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]