メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

日本人 本庶、前田、松村の3氏が有力

本庶佑・京都大名誉教授=2016年6月17日、平川義之撮影

医学生理学、物理学、化学、経済学 トムソン・ロイター予想

 米文献情報会社「トムソン・ロイター」は21日、学術論文の引用回数などを基に、今年のノーベル賞の有力候補者予測を発表した。医学生理学、物理学、化学、経済学の4賞で24人を挙げた。うち日本人は、医学生理学で本庶佑(ほんじょ・たすく)・京都大客員教授(74)、化学で前田浩・崇城大特任教授(77)と松村保広・国立がん研究センター新薬開発分野長(61)の3氏。

 本庶氏は、免疫細胞の働きを抑制する作用のある分子「PD1」を発見。この働きをコントロールすると免疫…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まれにみる異常な殺人運転」と懲役18年求刑 堺あおり運転
  2. 口永良部島が爆発的噴火 噴煙500m超 火砕流も発生
  3. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  4. あおり運転、殺意否認 地裁堺支部で初公判、「故意に衝突していない」
  5. 白イチゴ、3種類の商標登録出願 栃木県開発の新品種

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです