メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野党4党首会談

蓮舫代表、初舞台 臨時国会での連携確認

野党党首会談に臨む(左から)沖縄の風の糸数慶子参院議員、生活の小沢一郎共同代表、民進の蓮舫代表、共産の志位和夫委員長、社民の又市征治幹事長ら=国会で2016年9月23日午前9時33分、喜屋武真之介撮影

 民進、共産、社民、生活の野党4党は23日午前、国会内で党首会談を開いた。民進党の蓮舫代表にとって就任後初めての党首会談で、4党は26日召集の臨時国会で連携する方針を確認。衆院東京10区、福岡6区両補選(10月23日投開票予定)や次期衆院選での選挙協力に向け、協議に入ることで合意した。

     蓮舫氏は会談後、記者団に「岡田克也前代表が合意した内容を踏襲していく」と語り、4党による国会対応や選挙での協力関係を継続する考えを示した。臨時国会での協力については「力強い連携を取って、政権の間違っているところは徹底的に国会論戦を通じて国民に知らせる」と述べた。

     両補選では民進、共産両党がそれぞれ公認候補予定者を既に発表しており、両党を中心に候補者の一本化に向けた協議を急ぐ。

     4党は党首会談に引き続き、幹事長・書記局長会談も開催し、各党の国対委員長が同席した。【松本晃、樋口淳也】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 社説 加計学園理事長が初会見 軽すぎる「作り話」の始末
    2. 米韓合同軍事演習 8月中止 北朝鮮の非核化注視
    3. サッカー日本代表 最高のシナリオ 取り戻した一体感
    4. 加計学園 地震やW杯日本戦、会見設定を疑問視
    5. 大阪震度6弱 死者5人に 大雨予想、土砂災害警戒を

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]