メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参加者が最終作品を披露 森達也監督らがアドバイス

毎日女性会議のゲスト講師を務めた(左から)映画監督の森達也さん、NPO法人「情報公開クリアリングハウス」の三木由希子理事長

 スマートフォンなどの動画による女性の情報発信を学ぶ「毎日女性会議」の第5期最終回が18日、千代田区の毎日ホールで開かれた。参加者は自身で作製した約3分の動画を披露し、講師のジャーナリスト・堀潤さん、元TBSアナウンサーの下村健一さん、ゲスト講師で映画監督の森達也さん、NPO法人「情報公開クリアリングハウス」理事長の三木由希子さんに講評を受けた。

     動画のテーマは国籍や女性のキャリア、高齢者の運転、ウサギなど多様。講師からは、音声などの技術的な内容に加え、撮影した参加者自身の「一人称」を大切にした作品構成へのアドバイスなどがされた。森さんは「マスメディアが発達すればするほど、競争原理が働き、小さな声は聞こえなくなってしまう。だから、ドキュメンタリーや動画にして小さな声、つぶやき、ささやきを多くの人に聞いてもらうことは大事」と話した。

     第6期の1回目は、10月30日午後1時半から、毎日ホールで開かれる。【西田真季子】

     第5期の受賞作品は以下の通り。

     毎日女性会議賞=「バリキャリじゃなきゃダメなの?」(猪野由美子さん)=動画準備中=

     8bitNews賞=「むかしの女性はどうしていたの?Vol2 戦争中の過ごし方」(伯野朋絵さん)

     スタイリッシュ社会派賞(下村健一賞)=「ドチラモワタシ」(ディアス実和子さん)

     後半修正発展賞(森達也賞)「松来未祐が遺してくれたもの」(板垣恒子さん)

     チャレンジ賞(三木由希子賞)「自動車運転免許証返納と高齢者運転のあり方〜ひとりの女子高生の死から〜」(斉藤嘉子さん)=動画準備中=

     毎日女性会議特別賞 城島めぐみさん、西村晴子さん

    飯舘村から繋げたい!いいたて雪っ娘かぼちゃの種ととみ子さんの想い(城島めぐみさん)

    日本一の美うさぎ 淡路島のニルヴァーナ(西村晴子さん)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
    2. 特集ワイド 松田喬和のずばり聞きます 石破茂・自民党元幹事長
    3. 強制わいせつ容疑 小学校キャンプ見守り役の男逮捕 福岡
    4. 名鉄犬山線 電車が男性の上を通過 泥酔状態で寝たまま
    5. ゲリラ豪雨 彦根付近で 200人「列車ホテル」で一夜 JR一時停止 /滋賀

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]