メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日メディアカフェ×毎日女性会議

参加者が最終作品を披露 森達也監督らがアドバイス

毎日女性会議のゲスト講師を務めた(左から)映画監督の森達也さん、NPO法人「情報公開クリアリングハウス」の三木由希子理事長

 スマートフォンなどの動画による女性の情報発信を学ぶ「毎日女性会議」の第5期最終回が18日、千代田区の毎日ホールで開かれた。参加者は自身で作製した約3分の動画を披露し、講師のジャーナリスト・堀潤さん、元TBSアナウンサーの下村健一さん、ゲスト講師で映画監督の森達也さん、NPO法人「情報公開クリアリングハウス」理事長の三木由希子さんに講評を受けた。

     動画のテーマは国籍や女性のキャリア、高齢者の運転、ウサギなど多様。講師からは、音声などの技術的な内容に加え、撮影した参加者自身の「一人称」を大切にした作品構成へのアドバイスなどがされた。森さんは「マスメディアが発達すればするほど、競争原理が働き、小さな声は聞こえなくなってしまう。だから、ドキュメンタリーや動画にして小さな声、つぶやき、ささやきを多くの人に聞いてもらうことは大事」と話した。

     第6期の1回目は、10月30日午後1時半から、毎日ホールで開かれる。【西田真季子】

     第5期の受賞作品は以下の通り。

     毎日女性会議賞=「バリキャリじゃなきゃダメなの?」(猪野由美子さん)=動画準備中=

     8bitNews賞=「むかしの女性はどうしていたの?Vol2 戦争中の過ごし方」(伯野朋絵さん)

     スタイリッシュ社会派賞(下村健一賞)=「ドチラモワタシ」(ディアス実和子さん)

     後半修正発展賞(森達也賞)「松来未祐が遺してくれたもの」(板垣恒子さん)

     チャレンジ賞(三木由希子賞)「自動車運転免許証返納と高齢者運転のあり方〜ひとりの女子高生の死から〜」(斉藤嘉子さん)=動画準備中=

     毎日女性会議特別賞 城島めぐみさん、西村晴子さん

    飯舘村から繋げたい!いいたて雪っ娘かぼちゃの種ととみ子さんの想い(城島めぐみさん)

    日本一の美うさぎ 淡路島のニルヴァーナ(西村晴子さん)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS 大槻ケンヂ「朝7時、ダムに集合」に衝撃 東映特撮の洗礼受ける
    2. 保育無償化 首相「すべての子供たちに」はウソだった?
    3. 自民・竹下氏 「言わなきゃ良かった」同性パートナー発言
    4. 森友学園 学校名含め黒塗り文書を開示 実際は「開成小」
    5. 自民・竹下氏 同性パートナー出席に反対 宮中晩さん会

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]