メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

次代へのバトン

レジェンドインタビュー プロ野球・元西鉄 中西太さん

変化に応じ、指導も進化 中西太さん(83)

 「神様、仏様、稲尾様(稲尾和久さん、故人)」の名フレーズが生まれ、プロ野球界で語りぐさとなっている西鉄ライオンズ(現西武)の1956年からの3年連続日本一。初制覇から60年がたった今も鮮烈な印象は色あせない。ファンの記憶に残るプロ野球の姿とは。強打で西鉄の看板選手だった中西太さん(83)に、提言してもらった。【吉見裕都、写真は長谷川直亮】

 −−今なお、西鉄がファンの脳裏に焼き付いているのはなぜでしょう。

この記事は有料記事です。

残り1899文字(全文2124文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
  2. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  3. 1型糖尿病 障害年金を 支給求めて提訴へ
  4. 傷害致死 外国人男性刺され死亡 容疑者逃走か 栃木
  5. 小林麻央さん 麻耶“お願い”、海老蔵と交際などの「報道出ないよう見守って」 偲ぶ会でスピーチ(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]