メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

未来を見る『め』

スクールクライシス学校危機・心と命を救おう いじめ防止法から3年 /大阪

あと絶たぬ自殺/認知不足で機能せず 各地の再発防止策、共有されず/見直し検討も

 2011年10月11日、大津市で中学2年生の男子生徒がいじめを苦に自殺したのをきっかけに、いじめ防止対策推進法(以下防止法)が議員立法で成立。今年9月28日で制定から丸3年になります。しかし、残念ながらその後も、背景にいじめがあったのではないかと報道される児童生徒の自殺はあとを絶ちません。

 私がネットや新聞で調べただけでも、法律の制定後、いじめが原因と疑われる自殺が左記の通り、3年間で、…

この記事は有料記事です。

残り1500文字(全文1735文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  3. 都市対抗野球 神戸・高砂が42年ぶり4強 鷺宮を完封
  4. こころの天気図 暑さが招く精神不調=東京大教授、精神科医 佐々木司
  5. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]