メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

未来を見る『め』

スクールクライシス学校危機・心と命を救おう いじめ防止法から3年 /大阪

あと絶たぬ自殺/認知不足で機能せず 各地の再発防止策、共有されず/見直し検討も

 2011年10月11日、大津市で中学2年生の男子生徒がいじめを苦に自殺したのをきっかけに、いじめ防止対策推進法(以下防止法)が議員立法で成立。今年9月28日で制定から丸3年になります。しかし、残念ながらその後も、背景にいじめがあったのではないかと報道される児童生徒の自殺はあとを絶ちません。

 私がネットや新聞で調べただけでも、法律の制定後、いじめが原因と疑われる自殺が左記の通り、3年間で、…

この記事は有料記事です。

残り1500文字(全文1735文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  2. 記者不明 「殺害の証拠発見」AP報道 サウジ総領事出国
  3. 警視庁 「地面師」聴取へ 積水ハウス55億円被害
  4. バイク6人死亡 大型二輪免許なし 道交法違反容疑も
  5. EM菌 効果「承知していない」 環境相、否定的考え示す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです