メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 ダム底、高濃度セシウム 原発周辺、10カ所8000ベクレル超

高濃度の放射性セシウムがたまっている福島県内の大規模ダム

 東京電力福島第1原発周辺の飲料用や農業用の大規模ダムの底に、森林から川を伝って流入した放射性セシウムが蓄積され、高濃度でたまり続けていることが環境省の調査で分かった。50キロ圏内の10カ所のダムで指定廃棄物となる基準(1キロ当たり8000ベクレル超)を超えている。ダムの水の放射線量は人の健康に影響を与えるレベルではないとして、同省は除染せずに監視を続ける方針だが、専門家は「将来のリスクに備えて対策を検討すべきだ」と指摘する。(3面にクローズアップ)

この記事は有料記事です。

残り567文字(全文794文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「18歳成人」に思う 性別変更、慎重に判断して タレント・KABA.ちゃん(49)
  2. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  3. 焦点・働き方改革 首都圏・総合病院の医師悲痛 当直明けも分刻み 「長時間労働、野放し状態」
  4. 陸上イージス 配備説明 秋田知事「不本意」 防衛相訪問
  5. 雑記帳 近鉄名古屋駅と伊勢中川駅(三重県松阪市)を結ぶ近鉄名古屋線が…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]