メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

佐治博士のへえ〜そうなんだ!?

/105 暦のルーツ /愛知

月満ち欠けに太陽重ね

 秋分を過ぎて、ようやく秋の気配です。私たちの地球に季節があるのは、地球の自転軸が、公転面にたいして23・5度傾いていることから、地球の位置によって、地上から見上げる太陽の高さが変わり、地上にふりそそぐ太陽エネルギーに増減が生じるからです。

 そして、地球は1年で、太陽のまわりを1回転しますから、太陽に対する地球の位置で暦を作っておけば、毎年、その暦で季節をしることができます。太陽暦です。この暦のルーツは古く、紀元前5000年ころのバビロニアにさかのぼります。当時、太陽と恒星の位置関係が同じになる周期がおよそ360日くらいであることが知られており、それを1年として、その1周の角度を360度、太陽が1日に動く角度を1度ときめていました。

 一方、エジプトでは、日の出前にシリウスが昇るころを一年のはじまりとして、ナイル川のあふれる時期の予…

この記事は有料記事です。

残り1000文字(全文1380文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  4. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に
  5. フーターズ運営が再生法申請 負債約5億円、営業継続

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです