メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月満ち欠けに太陽重ね

 秋分を過ぎて、ようやく秋の気配です。私たちの地球に季節があるのは、地球の自転軸が、公転面にたいして23・5度傾いていることから、地球の位置によって、地上から見上げる太陽の高さが変わり、地上にふりそそぐ太陽エネルギーに増減が生じるからです。

 そして、地球は1年で、太陽のまわりを1回転しますから、太陽に対する地球の位置で暦を作っておけば、毎年、その暦で季節をしることができます。太陽暦です。この暦のルーツは古く、紀元前5000年ころのバビロニアにさかのぼります。当時、太陽と恒星の位置関係が同じになる周期がおよそ360日くらいであることが知られており、それを1年として、その1周の角度を360度、太陽が1日に動く角度を1度ときめていました。

 一方、エジプトでは、日の出前にシリウスが昇るころを一年のはじまりとして、ナイル川のあふれる時期の予…

この記事は有料記事です。

残り1000文字(全文1380文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  2. 千葉県警 小学生女児に強制性交の疑い 教諭を逮捕
  3. 夏の高校野球 金足農の吉田、守備で頭脳的なプレー
  4. 夏の高校野球 金足農サヨナラ2ランスクイズ 近江を降す
  5. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです