メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月満ち欠けに太陽重ね

 秋分を過ぎて、ようやく秋の気配です。私たちの地球に季節があるのは、地球の自転軸が、公転面にたいして23・5度傾いていることから、地球の位置によって、地上から見上げる太陽の高さが変わり、地上にふりそそぐ太陽エネルギーに増減が生じるからです。

 そして、地球は1年で、太陽のまわりを1回転しますから、太陽に対する地球の位置で暦を作っておけば、毎年、その暦で季節をしることができます。太陽暦です。この暦のルーツは古く、紀元前5000年ころのバビロニアにさかのぼります。当時、太陽と恒星の位置関係が同じになる周期がおよそ360日くらいであることが知られており、それを1年として、その1周の角度を360度、太陽が1日に動く角度を1度ときめていました。

 一方、エジプトでは、日の出前にシリウスが昇るころを一年のはじまりとして、ナイル川のあふれる時期の予…

この記事は有料記事です。

残り1000文字(全文1380文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  3. 東京地裁 榊原記念病院側に賠償命令 麻酔で2歳男児死亡
  4. 海洋汚染 微小プラスチック、国内の貝にも 沖縄や東京湾
  5. テニミュ 斎藤工や城田優、瀬戸康史…伝説の1stシーズン放送決定 WOWOWで8月から

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]