メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

千枚田耕作記

能登からみる農業/5止 稲刈り、慣れず一苦労 「農業は人」尽力に敬意 /石川

稲刈りに汗を流すオーナー会員=石川県輪島市白米町の白米千枚田で、堀文彦撮影

 輪島市白米(しろよね)町にある国指定名勝・白米千枚田は25日、稲刈りを迎え、私もオーナー会員の一人として参加した。5月中旬の田植えでは高さ15センチほどと、か弱そうだった苗は70〜80センチと立派に成長した。黄金色の稲穂がこうべを垂れ、豊かな秋の実りを感じさせた。

 今年は夏に好天が続き、粒が小さな「くず米」が少なく、全体で6トンほどの収穫量が見込めるという。私も借りているオーナー田での出来を楽しみに、長靴姿に軍手をはめて作業をした。この日は天候に恵まれ、眼前の日本海も穏やかで、絶好の稲刈り日和となった。

 他のオーナー会員たちも熱心に作業に取り組んでいた。金沢市寺町3の主婦、大西智子さん(61)は10年…

この記事は有料記事です。

残り857文字(全文1162文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
  2. マンモス細胞核に生命現象 分裂初期の動きを観察
  3. TOHOシネマズ入場料100円値上げ 人件費増が要因 レディースデイも
  4. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演
  5. ジャングルジム5歳焼死 運営者ら6人書類送検 業務上過失致死傷容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです