メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊サッカー

国際経験、若手を伸ばす 森山佳郎・U16日本代表監督(48)

森山佳郎監督=中村有花撮影

 U16(16歳以下)アジア選手権で4強入りを果たし、来年インドで行われるU17(17歳以下)ワールドカップ(W杯)の出場権を獲得した日本。Jクラブの育成環境を整備するだけでなく、ユース世代にとって国際舞台での経験は貴重だ。U16日本代表を率いる森山佳郎監督は同選手権の開幕を前に、W杯に出場することの意義を強調していた。【構成・鈴木英世】

 −−U17W杯は前回の2015年チリ大会への出場を5大会ぶりに逃した。W杯に出場することの意味は。

この記事は有料記事です。

残り1078文字(全文1298文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 米子東の選手がベンチ入りせず
  3. 札幌大谷が甲子園初勝利 米子東を1点に抑える
  4. 「白血病に勝つ…」池江選手の応援凧 滋賀の阿賀神社
  5. 前夕張市長の鈴木氏が先行、元衆院議員の石川氏が追う 北海道知事選・毎日新聞電話調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです