メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 英国の動画配信サービス大手「パフォーム社」との契約により、Jリーグは10年間で計2100億円の放映権料を受け取ることになった。1年平均で210億円は、昨年の放映権料50億4400万円の約4倍。Jリーグはこれを財源とする10年間の成長戦略を協議中だ。

 村井満チェアマンによると、その目的はJリーグが素晴らしいサッカーを提供し、その素晴らしさが多くの人に伝わること。環境や制度の整備、競争原理の導入などにより人々の関心を高め、さらなる投資を呼び、Jを発展させていく。

 Jリーグは昨年、J1を第1ステージと第2ステージに分け、それぞれの優勝チームと年間を通しての成績上…

この記事は有料記事です。

残り499文字(全文781文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  2. 質問なるほドリ NHK受信料、支払いは義務? テレビ設置日から 最高裁が初判断=回答・伊藤直孝
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. NHK受信料 憲法判断 契約成立時期なども あす最高裁判決
  5. 宮城県警 交番で警官刺され死亡、男撃たれ死亡 仙台

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです