メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 英国の動画配信サービス大手「パフォーム社」との契約により、Jリーグは10年間で計2100億円の放映権料を受け取ることになった。1年平均で210億円は、昨年の放映権料50億4400万円の約4倍。Jリーグはこれを財源とする10年間の成長戦略を協議中だ。

 村井満チェアマンによると、その目的はJリーグが素晴らしいサッカーを提供し、その素晴らしさが多くの人に伝わること。環境や制度の整備、競争原理の導入などにより人々の関心を高め、さらなる投資を呼び、Jを発展させていく。

 Jリーグは昨年、J1を第1ステージと第2ステージに分け、それぞれの優勝チームと年間を通しての成績上…

この記事は有料記事です。

残り499文字(全文781文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
  2. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  3. 1型糖尿病 障害年金を 支給求めて提訴へ
  4. 傷害致死 外国人男性刺され死亡 容疑者逃走か 栃木
  5. 小林麻央さん 麻耶“お願い”、海老蔵と交際などの「報道出ないよう見守って」 偲ぶ会でスピーチ(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]