メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

異教の隣人

「みとりの場」編 タイの専門家と学び合うプログラム 理想のケア、仏教根付く村に

 穏やかな死を迎える「みとりの場」はいかにして作り出すことができるのか。「アジアの隣人」の異なった死生観や宗教観、共同体のあり方から学び合おうと、日本とタイの宗教家、地域介護の専門家、医師らが互いの実践の場を訪問し、意見を交換した。本欄でおなじみ浄土真宗本願寺派の僧侶、釈徹宗(しゃくてっしゅう)さんは、このプログラム(トヨタ財団助成)の企画参加者の一人。釈さんとプログラムの一部に同行し、兵庫県西宮市で開催されたシンポジウムを取材した。【棚部秀行】

 タイ・バンコクの東北約500キロ。コンケン県クンダーン村の僧侶ウイリヤさんは、医師と村民の間に入り…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問なるほドリ 「カサンドラ症候群」って? 意図伝わらぬ障害の相手に苦悩 心身に不調=回答・野村房代
  2. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
  3. 世界の雑記帳 米ユナイテッド航空機内で子犬死ぬ、座席上の棚に収納指示され
  4. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです