メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

異教の隣人

「みとりの場」編 タイの専門家と学び合うプログラム 理想のケア、仏教根付く村に

 穏やかな死を迎える「みとりの場」はいかにして作り出すことができるのか。「アジアの隣人」の異なった死生観や宗教観、共同体のあり方から学び合おうと、日本とタイの宗教家、地域介護の専門家、医師らが互いの実践の場を訪問し、意見を交換した。本欄でおなじみ浄土真宗本願寺派の僧侶、釈徹宗(しゃくてっしゅう)さんは、このプログラム(トヨタ財団助成)の企画参加者の一人。釈さんとプログラムの一部に同行し、兵庫県西宮市で開催されたシンポジウムを取材した。【棚部秀行】

 タイ・バンコクの東北約500キロ。コンケン県クンダーン村の僧侶ウイリヤさんは、医師と村民の間に入り…

この記事は有料記事です。

残り1332文字(全文1607文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道 気温上がらず 斜里町で14.9度と5月中旬並み
  2. 首都大学東京 「東京都立大」復活? 名称変更の検討開始
  3. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  4. 都市対抗野球 大阪ガスが3年ぶり決勝進出 JR東破る
  5. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]