メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つなぐ

/21 自殺防止へ、関係機関の情報共有模索 県警、相談業務の紹介だけでなく /香川

職場で働く廣瀬太志さん=高松市の香川県警人身安全対策課で、玉木達也撮影

 自己紹介をした後、業務の説明が始まった。「当課では、県内の行方不明者の業務を統括している。各警察署で行方不明の人が出たら、報告が上がるようになっている」

 香川県庁(高松市)で5日、開かれた「県自殺対策連絡協議会」で関係者から一通り、発言が終わった後、司会が出席者に「何か意見がないか」と求めた時だった。

 すっと手を上げ、話し出したのは県警人身安全対策課の廣瀬太志警部補(41)だった。

この記事は有料記事です。

残り511文字(全文704文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです