メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧三井三池炭鉱

熊大生が地域調査 世界遺産登録後初めて 来年3月、成果報告会 /福岡

宮原坑でガイドの話を聞く熊大の学生たち

 大牟田市と熊本県荒尾市の旧三井三池炭鉱をテーマにした熊本大の学生約30人による社会調査が27日、終了した。同炭鉱の関連施設が世界文化遺産に登録されて初めて実施。学生たちは来年3月、大牟田市石炭産業科学館で成果報告会を開く。【井上和也】

 調査したのは、熊本大文学部総合人間学科の松浦雄介、慶田勝彦両教授が指導する3年生と大学院生。三池炭鉱と関わった地域の人たちの聞き取り調査は2011年度、13年度に続いて3回目。今回は世界遺産登録によって地元の人たちの意識や…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  4. マラソン・小出義雄氏が指導者勇退 高橋尚子さん、有森裕子さんら育てる
  5. 池袋暴走 87歳男性、痛めた足で運転か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです