メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

改善主義

ボクシング 成長へ環境変えてみる=村田諒太

 (カットは直筆)

 9月はボクシング界でビッグマッチの多い月となりました。特に僕が戦うミドル級では、一番強いと言われるゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)、そしてミドル級から1階級下げてスーパーウエルター級で試合することを選択したメキシコの若きスーパースター、サウル・アルバレスがそれぞれ豪快な試合で印象的な勝ち方を見せてくれ、試合実現の機運も高まったのではないでしょうか。

 そもそもこの世界はスポーツであると同時にショービジネスでもあります。強い選手同士が試合をするのが一…

この記事は有料記事です。

残り830文字(全文1068文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. チェン、世界最高得点で2連覇 羽生は2位 世界フィギュア
  3. 安定感増したチェン、2連覇 羽生演技にも動ぜず 世界フィギュア
  4. 「同和地区の場所」ネット明示で削除要請 法務省が対応強化
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです