メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都議会総務委

舛添氏、資料提出拒む…政治資金使い道

舛添要一氏=喜屋武真之介撮影

 東京都の舛添要一前知事の公私混同問題で27日、実態究明と再発防止を議論する都議会総務委員会が開かれ、都側が関係資料を提出した。総務委は舛添氏の辞職直前の6月に資料143件(重複や取り下げも含む)を出すよう請求したが、政治資金の使い道に関する資料に関しては舛添氏が協力を拒み、提出は33件にとどまった。

 保存期限を過ぎ廃棄されていた公文書もあり、都は都政改革本部で公文書の保存の在り方について検討する。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 偶然に導かれ「再会」切手から身元判明の平塚真澄さんの遺骨、遺族へ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. 飯豊まりえ ホラー映画「シライサン」で初単独主演 乙一が長編監督デビュー

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです