メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

韓国

接待禁止法施行 「割り勘」広がりに期待 対象400万人、贈答文化激変へ

 【ソウル大貫智子】韓国で根強く残る接待文化を根絶しようと、金品の授受などを禁止する「請託禁止法」が28日、施行された。対象者は公職者やメディア関係者ら約400万人に上ると言われ、各業界は対応に追われた。経済への影響を懸念する見方もあるが、「割り勘」が社会に広がる契機となると歓迎する声が多いようだ。

 請託禁止法は、2011年にあった、検事が弁護士から高級車を受け取った事件などを契機に制定されることとなり昨年3月、国会で成立。法を発案した政府機関の当時の代表者の名前をとって「金英蘭(キムヨンラン)法」と呼ばれる。

 この法は、不正な依頼や金品授受の禁止を定めており、対象者が同一人物から1回100万ウォン(約9万2…

この記事は有料記事です。

残り551文字(全文859文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  2. 競泳・萩野公介、スペインでの高地合宿参加取りやめ
  3. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです