メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原京

律令国家儀式、鮮やかに 続日本紀、記述裏付け 藤原宮、旗竿跡発見

7本の旗竿が立てられた701年の元日朝賀のイメージ図=奈良文化財研究所提供、画・早川和子

 藤原宮跡(奈良県橿原市)で見つかった7本分の幢幡(どうばん)(旗竿(はたざお))跡。史書「続日本紀(しょくにほんぎ)」が描く律令国家完成時の祝賀儀式の様子が、1300年の時を経て現代によみがえった。

 続日本紀には、文武天皇を大極殿に迎えて行われた701(大宝元)年の元日儀式が記されている。七つの旗竿を立て、使者らが左右に居並ぶ様子を描写。「文物の儀、是(ここ)に備われり」と結び、学問や法律などが整って律令国家が誕生したと宣言している。

 発掘してきた奈良文化財研究所の松村恵司所長は「今回の発掘で律令国家完成のシンボルがようやく見つかっ…

この記事は有料記事です。

残り529文字(全文800文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ことば 健康保険組合
  2. 盗撮容疑 小学校長逮捕 女子高生のスカート内撮影
  3. JIS 「安全色」13年ぶり改正 色覚障害者に配慮
  4. 男性教諭 酔って家庭訪問 ばちで児童殴打 大阪・懲戒
  5. 人材派遣健保 解散検討 最大の48万人協会移行

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]