メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原京

律令国家儀式、鮮やかに 続日本紀、記述裏付け 藤原宮、旗竿跡発見

7本の旗竿が立てられた701年の元日朝賀のイメージ図=奈良文化財研究所提供、画・早川和子

 藤原宮跡(奈良県橿原市)で見つかった7本分の幢幡(どうばん)(旗竿(はたざお))跡。史書「続日本紀(しょくにほんぎ)」が描く律令国家完成時の祝賀儀式の様子が、1300年の時を経て現代によみがえった。

 続日本紀には、文武天皇を大極殿に迎えて行われた701(大宝元)年の元日儀式が記されている。七つの旗竿を立て、使者らが左右に居並ぶ様子を描写。「文物の儀、是(ここ)に備われり」と結び、学問や法律などが整って律令国家が誕生したと宣言している。

 発掘してきた奈良文化財研究所の松村恵司所長は「今回の発掘で律令国家完成のシンボルがようやく見つかっ…

この記事は有料記事です。

残り529文字(全文800文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  2. ORICON NEWS えなりかずき、北川景子と夫婦役で初共演 結婚式写真は「家宝に」
  3. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  4. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  5. JR 春日駅ホームで点字誤表示 点字図書館の最寄り駅

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです