メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪

都と大会組織委の役割 抜本見直し迫る

都政改革本部会議で、東京五輪・パラリンピックの調査報告書に目を通しながら額に手を当てる小池百合子都知事=東京都庁で2016年9月29日午前10時36分、徳野仁子撮影

五輪準備、大きく転換 都政改革本部調査チーム中間報告

 2020年東京五輪・パラリンピックの予算などを検証している東京都の都政改革本部の調査チームが29日に発表した中間報告は、「恒久施設は都、仮設施設は大会組織委員会」としてきた従来の前提の見直しに言及した。既に都が事業着手している3恒久施設の再検討も求めており、これまで進められてきた五輪準備に大きな転換を迫る内容となった。

 招致段階では、大会後に撤去する7仮設施設の整備費と既存施設を五輪仕様にする改修費(オーバーレイ)は…

この記事は有料記事です。

残り913文字(全文1150文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 火災 アパートで1人の遺体発見 東京・三鷹
  3. 硫黄島遺骨 DNA鑑定拒む 厚労省、「遺品なし」理由
  4. 辺野古移設「反対」67.6% 沖縄県民投票の世論調査
  5. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです