メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高額新抗がん剤

厚労省が承認 悪性黒色腫の治療薬

 製薬会社大手「MSD」(東京都)は28日、免疫の仕組みを使った抗がん剤「キイトルーダ(一般名・ペムブロリズマブ)」について、皮膚がんの一種、悪性黒色腫の治療薬として、厚生労働省の製造販売の承認を得たと発表した。今後、発売に向けて準備を進めるという。

     キイトルーダは、高額な抗がん剤「オプジーボ」と同じ仕組みで作用する薬。オプジーボは当初、悪性黒色腫で承認され、昨年12月、肺がんにも保険適用が広がった。しかし、1人当たり年間3500万円かかるとされ、厚生労働省が適正使用のための検討を進めている。キイトルーダもオプジーボと同等の薬価になるとみられる。【下桐実雅子】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 青森・横浜 イワシの次はクジラ漂着 処分費用困惑
    2. カジノ法案 入場料安すぎ…異論続々 政府が値上げ検討
    3. 宮崎牛 米アカデミー賞で“世界デビュー”決定
    4. 台湾地震募金デマ 軽はずみで投稿炎上 個人情報も暴かれ
    5. 五輪スノーボード レデツカ快挙、2種目同時「金」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]