メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「僕は不器用なんで、無理して小説を書いてきたところがあるんですが、最近やっと、自分が小説家なんだと思えてきました」=明治神宮外苑で、小川昌宏撮影

CM界の異才捨て 虚構に切り込む

 待ち合わせたのは雨上がりの東京、神宮外苑。イチョウ並木を抜けると、自転車の脇で雨がっぱをたたんでいた。髪は白いが、1985〜96年に放送された人気番組「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」に出ていたころと同じ締まった体つきだ。

 皆が爆笑する脇でむっつりしていたり、お笑い歌をまじめ顔で披露したり。動じない風格が異彩を放っていたが、テレビからぷっつり姿を消した。

 「世の中から忘れてもらおうと思った時期があったんです。一切露出しないようにして10年かかりました。…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  2. ミニスカ「性犯罪誘う」に批判 菅公学生服が不適切表現を謝罪
  3. デルタ航空、福岡・ハワイ線撤退へ
  4. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  5. 広河氏「セクハラ、立場を自覚せず」 写真界の「権力者」暴走の背景は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです