メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「僕は不器用なんで、無理して小説を書いてきたところがあるんですが、最近やっと、自分が小説家なんだと思えてきました」=明治神宮外苑で、小川昌宏撮影

CM界の異才捨て 虚構に切り込む

 待ち合わせたのは雨上がりの東京、神宮外苑。イチョウ並木を抜けると、自転車の脇で雨がっぱをたたんでいた。髪は白いが、1985〜96年に放送された人気番組「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」に出ていたころと同じ締まった体つきだ。

 皆が爆笑する脇でむっつりしていたり、お笑い歌をまじめ顔で披露したり。動じない風格が異彩を放っていたが、テレビからぷっつり姿を消した。

 「世の中から忘れてもらおうと思った時期があったんです。一切露出しないようにして10年かかりました。…

この記事は有料記事です。

残り1661文字(全文1908文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  4. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです