メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

やっぱり気になるノーベル賞 来週発表、アクセス数増 権威好き国民性!?

日本科学未来館で始まったノーベル賞についてのサイエンス・ミニトーク=東京都江東区で2016年9月18日午後1時42分、渡辺諒撮影

 ノーベル賞の発表がいよいよ来週に迫った。受賞者を予測する記事や、有力候補の業績などを紹介するインターネットサイトへのアクセス数が増えている。日本人が受賞すれば、これまでと同様、国内には喜びの声があふれるはずだ。この賞はなぜ日本人を魅了し続けるのだろうか。【渡辺諒】

 ノーベル賞(自然科学系は10月3〜5日)の発表を控え、日本科学未来館(東京都江東区)で9月18日、有力候補者を紹介する「サイエンス・ミニトーク」が始まった。家族連れなど約40人が集う中、東京都三鷹市の男性会社員(28)は「ノーベル賞は毎年注目している。日本人が受賞した時は、なんだか誇らしい気分になるんです」と語った。

 賞への関心の高さをうかがわせるデータがある。未来館では毎年▽医学生理学▽物理学▽化学−−の自然科学…

この記事は有料記事です。

残り950文字(全文1293文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  3. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  4. 双子のパイロット訓練生、被災の熊本から羽ばたく 全日空と日航に入社へ
  5. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです