メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

気になる 権威大好き?日本人 「西洋に認められたい」願望 低迷する経済…国民に自信

 ノーベル賞の発表が来週に迫った。受賞者を予測する記事や、有力候補の業績などを紹介するインターネットサイトへのアクセス数が増えている。日本人が受賞すれば、これまでと同様、国内には喜びの声があふれるはずだ。この賞はなぜ日本人を魅了し続けるのだろうか。【渡辺諒】

 ノーベル賞(自然科学系は10月3〜5日)の発表を控え、日本科学未来館(東京都江東区)で9月18日、有力候補者を紹介する「サイエンス・ミニトーク」が始まった。家族連れなど約40人が集う中、東京都三鷹市の男性会社員(28)は「ノーベル賞は毎年注目している。日本人が受賞した時は、なんだか誇らしい気分になるんです」と語った。

この記事は有料記事です。

残り998文字(全文1287文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役
  2. 男性から男児の性的被害、トラウマ深刻 元特別支援学校の教諭逮捕
  3. 大阪・岸和田で工場火災 8棟約2600平米焼く けが人なし
  4. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  5. 全国高校eスポーツ選手権 大黒柱はLOL初の高校生プロゲーマー 初代王者狙う学芸大付国際

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです