メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

避難者名簿

7割「要介護」項目なし 災害時、把握遅れも 県内自治体調査 /兵庫

県内で共通した避難者名簿をつくるための議論をする岸田光広・尼崎市議(右)と山薗有理・伊丹市議=兵庫県尼崎市内、山本愛撮影

 災害時に、要介護の高齢者や障害者ら「要配慮者」の支援のため、避難所ごとに作成するよう内閣府が求めている「避難者名簿」について、県内4市の市議4人が30日、県内の全41自治体の名簿の様式や各避難者の情報を記入する項目などを調べた結果を発表した。それぞれ約7割の自治体で、要介護の高齢者や障害者であることを記入する項目が名簿になかった。4市議は「支援が遅れる可能性がある」と指摘。結果を受け、12月にも県に改善を求めて提言する。【山本愛】

 避難者名簿は避難所の開設時に、受け付けで記入してもらう用紙やカード。避難者の世帯ごとに、全員の氏名…

この記事は有料記事です。

残り736文字(全文1004文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  3. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  4. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  5. 初出場の筑陽学園がセンバツ初勝利 福知山成美との競り合い制す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです