メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

土記

ノーベル賞の他にも=青野由利

 <do−ki>

 今年も「股のぞきで見た景色の見え方」で楽しませてくれたイグ・ノーベル賞。どうしても日本人受賞者に目を奪われがちだが、それだけで満足するのは早い。

 専門家を説得して作ってもらった「人工ヤギ足」を装着しヤギの群れと過ごした英国のスウェイツさんには生物学賞。1000人の「ウソつき」に聞いてウソをつく回数の年齢による変化を突き止めた国際チームに心理学賞。左腕がかゆい時に鏡をみて右腕をかくとおさまることを発見した独チームには医学賞。「有害物質の排出を少なく見せるソフトで排ガス問題を解決した」フォルクスワーゲン社の化学賞はほろ苦かったが、これ以外にも「まず笑わせ、次に考えさせる」研究が目白押しだ。

 日本人は10年連続受賞と聞けば、世界トップという気がするがどうなのか。1991年に賞を設立したマー…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. チェン、世界最高得点で2連覇 羽生は2位 世界フィギュア
  3. 安定感増したチェン、2連覇 羽生演技にも動ぜず 世界フィギュア
  4. 宇野、覚悟のフリーも170点台 不完全燃焼
  5. 「跳ぶ使命感」 勝負師・羽生、思い込めた4分間 世界フィギュア

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです