メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

政活費の不正受給=増田寛也・元総務相

=中村藍撮影

地方自治の危機 自覚を

 9月の初めに富山市八尾(やつお)町で「越中おわら風の盆」を見た。哀愁ただよう胡弓(こきゅう)や三味線の音色に乗って、編みがさを目深にかぶった男女が深夜まで無言で踊り続ける様には気品が感じられ、まことに素晴らしかった。落ち着いた街並みにも情緒があふれ、好印象で富山から帰ってきたが、台無しとはこのことだろう。富山市議会で次々に明らかとなった政務活動費(政活費)の不正受給問題である。

 2年前の兵庫県議会の号泣県議の一件で、同じ地方議員として襟を正したのかと思いきや、そんなことはなか…

この記事は有料記事です。

残り1520文字(全文1772文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  2. 質問なるほドリ 闇ウェブって何なの? 通信内容を暗号化 発信者の特定困難=回答・岡礼子
  3. 福岡男性刺殺 ネット書き込みで恨み 出頭の42歳男逮捕
  4. トランプ氏 「日本で私は英雄」米テレビで主張
  5. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]