メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の見方

日本との友情、強固に ハメイエ・ジナウイ チュニジア外相

 チュニジアと日本は今年、国交樹立60年を迎えた。日本での「還暦」に当たる歳月はさまざまな成果を生み出してきた。節目に際し、両国関係の成熟を祝うとともに、両国が今後成し遂げられる新たな可能性に期待している。

 両国はこれまで、外交の場において、平和と自由な社会の実現や諸国間の連携について互いに協力してきた。また、日本の支援により、チュニジアは発展への歩みを進めることができた。天然資源に乏しい我が国は、教育と人材に投資することで近代化の道を歩み始めた。その結果、教育を受けた多くの中産階級と、活発で多様性のある経済を作り上げた。2011年には「自由と尊厳の革命」(ジャスミン革命)により、困難と思われた変革を平和裏に成し遂げ、自由で民主的な国家の仲間入りを果たした。

 チュニジアで成功した合意に基づく民主化へのアプローチや、(イスラム主義と世俗主義の)多様性の共存は…

この記事は有料記事です。

残り564文字(全文947文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 関学監督と選手父コメント 日大選手会見受け
  2. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念
  3. アメフット 「相手のQBをつぶせ」前監督らが指示
  4. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  5. 狛江市 市長辞意の決め手はセクハラ被害女性の実名抗議文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]