メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京に生きる・技と人

/8 龍村美術織物織り手・岩間利夫さん 経験と感覚、若手に伝える /京都

若手職人にアドバイスする岩間利夫さん(左)=京都市上京区の龍村美術織物烏丸工場で、小松雄介撮影

 「何でこんなことをやっているのか」と、仕事をやめたくなったことがあるという龍村美術織物(本社・京都市中京区、龍村旻(きよし)社長)の織り手、岩間利夫さん(82)。その気持ちを抱えていると、京都・丹後地方の「藤織り」と出合った。山に自生する藤の皮の繊維から糸を作って織る。かつては全国各地にあったが、木綿の普及などで次第になくなったという。

 たまたま知った藤織りの講習会に参加した岩間さんは、伝承する講師の「おばあさん」にひかれた。西陣織の…

この記事は有料記事です。

残り1597文字(全文1817文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 羽生の後でも乱れず チェン、圧巻の世界最高得点で2連覇
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 大阪市長選告示 新人2人届け出 「大阪都構想」の是非問う
  5. チェン、世界最高得点で2連覇 羽生は2位 世界フィギュア

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです