メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京に生きる・技と人

/8 龍村美術織物織り手・岩間利夫さん 経験と感覚、若手に伝える /京都

若手職人にアドバイスする岩間利夫さん(左)=京都市上京区の龍村美術織物烏丸工場で、小松雄介撮影

 「何でこんなことをやっているのか」と、仕事をやめたくなったことがあるという龍村美術織物(本社・京都市中京区、龍村旻(きよし)社長)の織り手、岩間利夫さん(82)。その気持ちを抱えていると、京都・丹後地方の「藤織り」と出合った。山に自生する藤の皮の繊維から糸を作って織る。かつては全国各地にあったが、木綿の普及などで次第になくなったという。

 たまたま知った藤織りの講習会に参加した岩間さんは、伝承する講師の「おばあさん」にひかれた。西陣織の…

この記事は有料記事です。

残り1597文字(全文1817文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  2. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. センバツ「21世紀枠」候補9校を発表 釧路湖陵、八尾など
  5. 東名あおり 強固な犯意「常軌逸している」 懲役18年判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです