メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

いま言葉とは何か=酒井佐忠

 詩作を始めて七十余年、大ベテランの詩人・中村稔が書き下ろした新作詩集『言葉について』(青土社)が届けられた。変転する時代に、もてあそばれるように揺れる言葉の本質について、内省をこめて語られる静かな詩の言葉。詩人が得意なソネット形式(14行詩)の20篇。言葉自体が疲弊し、真の言葉とは何か、詩とはいつ生まれるのかと問いかける一語一語が、私たちのこころに静かに響く。

 <言葉に躓(つまず)き、言葉に迷わされるから、心やさしい私たちは/言葉の怖しさを知っているから、い…

この記事は有料記事です。

残り334文字(全文566文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共働き 日本の母親「仕事と家庭のバランス」満足度が最低
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  4. 多言語 母国語を大切に 日本の絵本から翻訳、ネット公開
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです