メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

大隅良典氏に医学生理学賞 基礎研究、空洞化とめる 妻と笑顔の会見

ノーベル医学生理学賞受賞決定から一夜明け、花束を受け取り記念撮影に応じる大隅良典・東京工業大栄誉教授(左)と妻の万里子さん=横浜市緑区の東京工業大で2016年10月4日午前11時2分、宮間俊樹撮影

 ノーベル医学生理学賞の受賞が決まった大隅良典(おおすみよしのり)・東京工業大栄誉教授(71)は4日、横浜市緑区の東工大すずかけ台キャンパスで記者会見を開いた。生物が細胞内でたんぱく質を分解して再利用する現象「オートファジー(自食作用)」を、分子レベルで解明した研究が評価され、「この上ない光栄。素晴らしい共同研究者や仲間に恵まれたことに感謝したい」と喜びをかみしめた。

 会場のホールは通路まで学生らでいっぱい。大隅氏は自らの基礎研究の現状について「(環境が厳しく)空洞…

この記事は有料記事です。

残り836文字(全文1071文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  4. 新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故
  5. 夫「大切な2人失ってつらい」 池袋暴走、母娘の告別式

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです