メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おうみのお店

おもちゃと駄菓子の三徳屋 /滋賀

 (日野町内池905)

昭和のお宝がぎっしり!

 「一つ、二つ、三つ……。はい。全部で119円ね」。ゆっくりと店主の徳田正之さん(62)が、袋詰めの駄菓子と1円のおつりを手渡す。受け取った小学生の女の子は、「お宝」がひしめく薄暗い店内から日差しの中に戻っていった。おもちゃと駄菓子を扱う「三徳屋」は、今でも子どもたちの「人気店」だ。

 近江鉄道日野駅から徒歩1分。1900年に同駅が開業した頃に店を始め、正之さんで5代目。35平方メー…

この記事は有料記事です。

残り429文字(全文643文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  4. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです