メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

大隅良典氏、単独で医学生理学賞 「細胞の自食」解明

ノーベル医学生理学賞の受賞が決まり、笑顔で記者会見する大隅良典東京工業大栄誉教授=東京都目黒区で2016年10月3日午後8時18分、長谷川直亮撮影

 スウェーデンのカロリンスカ研究所は3日、2016年のノーベル医学生理学賞を東京工業大栄誉教授の大隅良典(おおすみよしのり)氏(71)に授与すると発表した。日本の受賞は3年連続で、25人目。大隅氏は生物が細胞内でたんぱく質を分解して再利用する「オートファジー(自食作用)」と呼ばれる現象を分子レベルで解明し、生命活動を支える最も基本的な仕組みであることを突き止めた。オートファジーが人のがんやパーキンソン病にも関係していることが判明し、疾患の原因解明や治療などの医学的な研究につながることが期待される。

 大隅氏は東京大助教授だった1988年、微生物の一種・酵母を栄養不足で飢餓状態にすると、液胞と呼ばれ…

この記事は有料記事です。

残り1282文字(全文1583文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 元AKB48・高城亜樹&J1サガン鳥栖・DF高橋祐治が結婚発表「明るく穏やかな家庭を」
  2. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回
  3. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁
  4. 「浴槽放置でゲームの時間でき好都合」乳児死亡容疑の父
  5. 「もはや詐欺的だ」語気強めるオーナー レオパレス問題

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです