メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

大隅良典氏に医学生理学賞 生きた末っ子魂

「母校の誇りだ」万歳

 ●同窓生待ちわび

 大隅良典さんの母校、福岡県立福岡高(福岡市博多区)には3日夕、同級生や学校関係者ら約20人が集まって発表を見守った。インターネットの公式サイトの受賞者に大隅さんの名前が載ると、大きな拍手が湧き、「良かった」と歓声が上がった。全員で万歳三唱し、受賞を祝った。

 高校の化学部で一緒だった山口大名誉教授の早川誠而(せいじ)さん(72)=福岡市西区=は「同級生としてとにかくうれしい。高校の誇りであり日本の誇りだ」と興奮した様子で話した。

 同級生で弁護士の林桂一郎さん(71)=同市中央区=は、大隅さんが候補者として注目され出したこの数年…

この記事は有料記事です。

残り2025文字(全文2310文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 木更津2女児死傷事故 周辺に悲しみ広がる「おしゃべり好きで明るい子だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです