メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

大隅良典氏に医学生理学賞 気さく、志は高く

 大隅さんの東京工業大研究室のスタッフや学生たちは、大隅さんの気さくさと研究への志にひかれている。

 研究員の牧野支保さん(28)は「すごい業績があるのに、気さくに若手研究員と議論する。新しい研究に取り組む時に『楽しんでやろうよ』と言ってもらったことが心に残っている」と振り返る。秘書を約15年間務める原洋子さん(56)は「研究にかける志はすごく大きいのに、おだやかで控えめ。お酒が好きで、酒席は楽しいお話ばかり」と明かした。

 大隅さんは終戦直前の1945年2月、4人きょうだいの末っ子として福岡市に生まれた。昆虫に夢中だった…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 後遺症残る伊丹市職員 友の分も生き 支える側に 尼崎脱線事故14年

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです