メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

森村 誠一・評『金の価値』『東京零年』

独自の作風を変えることで新たな魅力を生み出す作家

◆『金の価値』上田秀人・著(ハルキ文庫/税抜き640円)

◆『東京零年』赤川次郎・著(集英社/税抜き1900円)

 本を読むという行為は広範にわたる。「本」には学術や技術や写真、画、詩歌などを含めるが、一般的に本を読むという行為すなわち読書は小説が主体となる。小説によって人生を学び、大きな楽しみを与えられるのである。

 読書は娯楽だけの狭いものではない。時間、空間的にどこにも入り込めるし、ファンタジーやSF、歴史、時…

この記事は有料記事です。

残り1240文字(全文1471文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  2. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告
  3. 明石家さんま 又吉直樹脚本で結婚と離婚をドラマ化 大竹しのぶ役は剛力彩芽 さんま役は斎藤工
  4. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  5. ORICON NEWS 堀ちえみ『金スマ』で涙の告白 当初は緩和ケア望むも、娘の一言でがん闘病決意

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです