メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

工藤 美代子・評『異端者』勝目梓・著

苦しみの果てに手にする自由で爽やかな老境

◆『異端者』勝目梓・著(文藝春秋/税抜き1700円)

 人間が生きるのは最長でも100年くらい。その間の変化は想像を絶する速さである。

 本書の主人公は戦争で父を失い、母とふたりで甲府の親戚の家に身を寄せていた。やがて上京して大学に進学する。貧しい生活の中で部活とアルバイトに励み、卒業すると出版社に就職する。そこを定年まで勤め上げて退職し、房総の海の近くで独り暮らしをしている72歳の男だ。

 表面的にはこれだけの平凡とも言える生涯で、さしたる大きな事件もなければ、世間を騒がせるような派手な…

この記事は有料記事です。

残り1240文字(全文1504文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  2. 維新 大阪府内で首長を着々と増やす
  3. ’19統一地方選 市議選の開票結果(その1)
  4. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  5. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです