メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

だいあろ〜ぐ

東京彩人記 経験不足は冬トレで カヌースラロームで東京五輪目指す 三島廉さん(18) /東京

三島廉さん

 急流に設置した旗門(ゲート)を通過し、タイムと技術を競うカヌーのスラローム競技。海外勢が圧倒的な強さを見せる中、23歳以下のU23日本代表の三島廉さん(18)は2020年の東京五輪でメダル獲得を目指し、地元・青梅市の御岳渓谷で練習に励む。4年後を見据えた当面の目標に、来年の日本選手権優勝を挙げ、先輩のオリンピアンらに比べ足りない経験を、この冬のトレーニングで克服すると決意をにじませる。【熊谷泰】

 −−カヌーで日本人初のメダリスト誕生です。

この記事は有料記事です。

残り1202文字(全文1424文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  3. 堺市長、辞意固める 政治資金収支報告書に2億3000万円不記載
  4. 次期堺市長選に維新が候補擁立の意向 松井代表、竹山氏を批判「潔くなかった」
  5. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです