メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つなぐ

/22 自殺の連鎖を断ち切るには 命を守るため、できることから /香川

「自殺防止には『つながり』が大事」と話す廣瀬警部補=高松市内で、玉木達也撮影

 「行方不明の自殺企図者はとても多い。『今から自殺します』と連絡があり、何回も助けたが結局、亡くなってしまった。そういうケースが少なくない」

 先月5日の「香川県自殺対策連絡協議会」で、自殺未遂者の情報を関係機関に提供することで、自殺防止につなげたいと発言した、県警人身安全対策課の廣瀬太志警部補(41)。その思いの背景を知りたくて後日、取材すると、自殺の悲劇が改めて浮き彫りになった。

 人身安全対策課には県内の警察署から行方不明者の発生、発見の情報が集まってくる。

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文700文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  2. プロ野球CS 広島が2年ぶり日本シリーズ出場 8回目
  3. 山陽新幹線 姫路駅で人身事故 新大阪-博多運転見合わせ
  4. 警視庁 「リアルナンパアカデミー」塾長を再逮捕
  5. サウジ記者不明 アップルウオッチ通じ録音か トルコ紙

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです