メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

応援上映

声出し・コスプレOK…躍る映画館、新たな魅力

映画を見ながらペンライトを振る観客たち=大阪市北区の梅田ブルク7で2016年9月、幾島健太郎撮影

 映画のスクリーンに向かって観客が声援を送る「応援上映」が、急速に広がりを見せている。「上映中はお静かに」がマナーだった映画館で巻き起こる観客参加型の新しいムーブメントだ。「声出しOK、コスプレOK、ペンライトOK」の応援上映は、新たな映画鑑賞スタイルとして定着するのか。【長尾真希子】

 観客が手にしたペンライトの色が、スクリーンに登場するキャラクターごとに変わる。観客の8割は女性。飛び交う声援はまるでアイドルのコンサート会場さながら。9月中旬に大阪・梅田で開かれた劇場アニメ「KING OF PRISM by PrettyRhythm(通称・キンプリ)」の応援上映での一幕だ。

 「キンプリ」は、個性豊かな男の子たちがスター(プリズムスタァ)を目指して、切磋琢磨(せっさたくま)…

この記事は有料記事です。

残り948文字(全文1288文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  2. 宇都宮ピークス 県内最高層マンション完成 /栃木
  3. 競馬 菜七子“伝説V”へ! JRA女性騎手初G1で決める(スポニチ)
  4. さぬき市 2温泉10月廃止方針 入浴施設以外は存続 /香川
  5. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです