メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小野田参院議員も二重国籍

自民党の小野田紀美参院議員=原田悠自撮影

 自民党の小野田紀美参院議員(33)=岡山選挙区=は4日、日本と米国の二重国籍の状態にあり、米国籍の放棄手続きを進めていると明らかにした。民進党の蓮舫代表に台湾籍が残っていたことが報道されたため調べたところ、自らも米国籍が残っていたことが判明した。

     小野田氏の事務所は4日、「知識不足で米国内での手続きが完了できていなかった。大変申し訳ない」とのコメントを出した。

     小野田氏は米国生まれで父が米国人、母は日本人。今年7月の参院選で初当選した。事務所によると、昨年10月に参院選への立候補が決まった際、日本国籍の選択と米国籍放棄の手続きを日本で終えたが、国籍法が努力義務を課している米国での放棄手続きが完了していなかった。

     安倍晋三首相は3日の衆院予算委員会で、国会議員の二重国籍について「ことさらチェックしていないが、基本的に我が党の議員は二重国籍ではないという認識に立っている」と答弁していた。【飼手勇介】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 豊田衆院議員 暴言「高速逆走が原因」会見で自民・細田氏
    2. 稲田氏 都議選応援「自衛隊としてお願い」発言後に撤回
    3. ネット音声公開 豊田議員?「私の心をたたいている…」
    4. 森友問題 保育士「休園でよい」服従…子どもは限界だった
    5. 3県境 群馬、栃木、埼玉…境界線確認、新観光スポットに

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]