メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

羽生3冠が王座防衛 糸谷八段に3連勝

 第64期将棋王座戦五番勝負(日本経済新聞社主催)の第3局は4日、山形県上山市で行われ、羽生善治王座(46)が挑戦者の糸谷哲郎八段(27)に131手で勝ち、3連勝で5連覇、通算24期目の獲得を果たした。9月27日に4勝3敗で防衛を決めた王位に続き、2週連続で防衛を決め、棋聖とともに3冠を守った。通算タイトル獲得数は97となり、自身の最多記録を更新した。

     今年は王将戦で挑戦したが、郷田真隆王将(45)に敗退。名人戦では佐藤天彦・現名人(28)に1勝4敗で敗れて失冠したが、棋聖戦で永瀬拓矢六段(24)、王位戦で木村一基八段(43)をフルセットの末に破り、王座戦はストレートで防衛。7冠中3冠を保持して今年のタイトル戦を終えた。糸谷は王座戦に初挑戦だったが、タイトル獲得はならなかった。【山村英樹】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 三越伊勢丹 再編を加速 札幌の1館閉鎖検討
    2. 福岡県警 イオン来店ポイント詐取容疑、男逮捕
    3. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
    4. 大リーグ エンゼルス大谷がア・リーグ新人王
    5. 東京地裁 不審なはがきに注意呼びかけ 実在しない名で

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです