メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

医学生理学賞に大隅さん オートファジーの解明

 2016ねんのノーベル医学生理学賞いがくせいりがくしょうが3みっか大隅良典おおすみよしのり東京工業大栄誉教授とうきょうこうぎょうだいえいよきょうじゅ(71)にまりました。「オートファジー(自食作用じしょくさよう)」とばれる、生物せいぶつ細胞さいぼうそなわったリサイクルの仕組しくみを解明かいめいしたことが評価ひょうかされました。日本にっぽんからの受賞じゅしょうは3年連続ねんれんぞくです。医学生理学賞いがくせいりがくしょうは、15ねん大村智おおむらさとし北里大特別栄誉教授きたさとだいとくべつえいよきょうじゅつづき4人目にんめで、日本人にっぽんじん受賞者じゅしょうしゃはアメリカ国籍こくせきひとふくめ25にんとなりました。

    自分じぶんべる「オートファジー」

     大隅おおすみさんの研究けんきゅうは、「オートファジー」とばれる細胞さいぼうはたらきの解明かいめいです。「オートファジー」は、「自分じぶんべる」という意味いみで、生物せいぶつ栄養不足えいようぶそくになると、この仕組しくみを利用りようして細胞さいぼうなかみずからのたんぱくしつ分解ぶんかいして利用りようしたり、機能きのうしなくなった器官きかんのぞいて、細胞さいぼうなか新鮮しんせんたもったりしています。近年きんねんこの仕組しくみが、がんやパーキンソンびょうなどにもかかわっていることがあきらかになっています。

    顕微鏡けんびきょうをのぞいて

     大隅おおすみさんは福岡市出身ふくおかししゅっしん。1988ねん東大とうだい助教授じょきょうじゅだった大隅おおすみさんは、当時とうじ細胞内さいぼうないのゴミため」とかんがえられほとんど注目ちゅうもくされていなかった「液胞えきほう」とばれる細胞さいぼうちいさな器官きかん注目ちゅうもくしました。微生物びせいぶつ一種いっしゅ酵母こうぼを3時間栄養不足じかんえいようぶそく状態じょうたいにして顕微鏡けんびきょうをのぞいていたところ、液胞えきほうなかたことのないちいさなつぶまれ、はげしくおどるようにうごいているのをつけました。おなかをすかせた酵母こうぼが、みずからの細胞内さいぼうないにあるものを液胞えきほうはこんで分解ぶんかいする「オートファジー」の過程かてい世界せかいはじめて肉眼にくがん観察かんさつされた瞬間しゅんかんでした。大隅おおすみさんはその栄養不足えいようぶそく状態じょうたいにしてもオートファジーをこさない酵母こうぼつけ、正常せいじょう酵母こうぼ比較ひかくすることで、オートファジーをこす遺伝子いでんしめました。ノーベル医学生理学賞いがくせいりがくしょう選考せんこうするスウェーデンのカロリンスカ研究所けんきゅうじょは「細胞さいぼう栄養不足えいようぶそく状態じょうたい感染症かんせんしょう直面ちょくめんした場合ばあいに、どのように適応てきおうしているかを理解りかいするための研究けんきゅうみちひらいた」と評価ひょうかしました。


     ■オートファジー

     ギリシャの「自分じぶん」(autoオート)と「べる」(phagyファジー)をわせた言葉ことばで、「自食作用じしょくさよう」ともばれています。細胞さいぼうなかかんでいるたんぱくしつ小器官しょうきかんまくつつんで隔離かくりしたのち、「細胞内さいぼうないのゴミ処理工場しょりこうじょう」とばれるリソソームや液胞えきほうとくっつき、その内部ないぶでアミノさん分解ぶんかいされます。分解ぶんかいされたアミノさんふたた細胞活動さいぼうかつどう必要ひつようなたんぱくしつ合成ごうせいされます。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
    2. 夫「大切な2人失ってつらい」 池袋暴走、母娘の告別式 
    3. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
    4. マラソン・小出義雄氏が指導者勇退 高橋尚子さん、有森裕子さんら育てる
    5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです